トップページ | 2005年12月 »

2005年11月30日 (水)

阪神タイガース 藤川球児投手

藤川投手と言えば、阪神タイガースの必勝リレー「JFK」の一角。

契約更改で彼は7000万円(推定)の提示に対し、「保留」の決断を下した訳だけれども、ある記事を見つけたので、これについて私の意見を述べていきます。(ファンの意見については今回は省きます)

ちなみに記事はこちら

>「7000万円の価値があるんか!  1年しか投げてないのに!  オレは1日働いて1万円やぞ! 」
 会場に駆けつけた男性がそう叫ぶと、平成の鉄腕は黙っていられなかった。
 藤川「そういう見方をされるから、先発に回らないといけないんです」。

解雇されるのが怖いのでしょうか?自分の投球に自信があれば余計な事(先発に回るという駆け引きまがいな事)は言わないで、堂々と交渉に臨めば良いだけですよ。

>今季の80試合登板は、61年稲尾(西鉄)01年菊地原(広島)の78試合を抜いて日本新。53ホールドポイントはリーグトップで防御率1・36。「中継ぎですけど、20勝以上の価値があるんじゃないですかと球団にも言いました」。

基本的に中継ぎと先発は全く違う。

先発と言うのはゲームを作らなければならないわけで、そこにはゼロから相手との攻防でプラスに持っていかなくてはならない。

中継ぎと言うのはプラスのゲームをゼロ、ないしマイナスにしなければ良いだけの事。

状況を動かすエネルギーは先発に比べれば格段に使わない。

また、抑えでもないのでプレッシャーに関してもストッパーよりも低い。

こう考えると、中継ぎは確かに価値試合を勝ちきるという意味では重要だが、先発、中継ぎ、抑えの3種類のピッチャーの中では一番価値が低いものだと思う。

これを考えると、7000万円。阪神では妥当ではないか。

足りないんだったら、FA取得後メジャーか巨人だな。

メジャーは中継ぎにしっかりと見合った対価を払いそうだし。

今後はどうするんだ、藤川投手?この契約更改は藤川投手のメジャー志望を占う可能性は充分にあると思う。

| | コメント (127) | トラックバック (870)

大相撲

今日から本格的にコラムをはじめる訳ですが、まさか始めが大相撲になるとは…。

ちょっと思ってもみなかった。

さて、今日の午前、琴欧州が大関昇進を決めた。

最近の相撲を見てみると朝青龍がダントツで強いのはご存知のとおり。

私のような、相撲に関して無知の人間から見るとちょっと角界は変わった印象をもたざるを得ない。

以前であれば、曙だったり貴乃花だったりと非常に大きな力士が強かったんだけど、若乃花のような小さな力士(もちろん彼も横綱ですが…)が今頑張っているのが良くわかると思う。

体格を比べてみると、琴欧州は204cm、143kg。朝青龍は185cm、143kg。貴乃花は187cm、159kg。曙は204cm、233kg。若乃花は180cm、134kg。(インターネットを参考)

やはり比べてみると、貴乃花や曙は若乃花に比べると大きいが、琴欧州は身長はあるものの、細身の力士と言う印象だろう。朝青龍は若乃花に比べると若干大きい程度で、貴乃花とは約15kgの差がある。

やはり小ぶりな印象だ。

以前は太った人のスポーツだった相撲がちょっと変わりつつあるのは間違いないと思う。

例えば若乃花がNFL(National Football League)に挑戦したように、相撲の選手がNFLに挑戦と言うのは体格や、体重のみを考えると充分にありうるだろうし(もちろん適応するには大量のエネルギーが必要になるが)、逆もまた考えられると思う。

相撲は太った人がやるスポーツではなく筋肉質で体重が非常に重い人がやるスポーツになってきている!

誰が一番初めにストレングストレーニングを本格的に取り入れるのか。もちろん今現在でほとんどの力士が行なっていると思うが、なかなかマスコミは稽古以外は放送しないので、野球やサッカーのように「軽い運動の後、筋力トレーニングを行い汗を流しました。」のようにアナウンサーが喋っている所が楽しみである。

何はともあれ、今後の相撲は注目に値すると思う。

| | コメント (574) | トラックバック (264)

2005年11月29日 (火)

初回。

本日よりAthlete's Prideのコラムを始めます。

内容としては気になったスポーツニュースについて色々書いていこうと思いますので、「暇つぶし」程度に見て頂ければなと思います。

尚、このコラムはあくまでも弊社代表個人の意見であり、弊社の意見・方針ではありませんのでご了承ください。

また、コメント等ありましたら、どんどん書き込んで頂けたらなと思います。こちらのページで色々な方と意見を交換出来ればと思いますので、宜しくお願いします。

| | コメント (850) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年12月 »