« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月23日 (金)

FIFA World Cup 2006 Germany

日本の試合が全て終わりました。

昨日も、寝ないで見ていたのですが、ブラジルの美しさに正直、歯が立たないと感じました。

日本がより高いレベルになるには、彼らのように、

縦への速いパス

ダイレクトプレー(≒周りの選手のサポート、動き)

リズムの変化

個々の能力(ブラジルの選手のボールタッチは本当に素晴らしい)

今から、2010年に向けての戦いが始まるわけで、今後、どんな選手が出てくるのか、早くも期待せずに入られません。

と、いうか日本サッカーは見つけなければいけません。

そして、やはり今より上に行くために必要だと思うのは、

我々国民のサッカーに対するレベルアップ。

本当に日本チームを愛しているのなら、くだらないミス、不甲斐ないプレー、カウンターチャンスを逃すなど、決定機を逃すようなプレーをしたならば、怒るべきだと思います。

それが愛ってもんじゃないでしょうか。(苦笑)

今回のブラジルに限らず全ての試合から選手が何を学び取るか、非常に重要ですし、それは今後のプレーのクオリティに影響が出る事でしょう。

たとえばもっと速く動かないといけない、もっと正確にボールをコントロールしなければいけない、もっと速くパスをしなければいけないなど。

ま、これは言い出したらきりがないですし、パーフェクトはありません。もちろん、ブラジルだってこれは思っているでしょう。

ただいえるのは、W杯で優勝を狙えるチームとは差があったということです。

まずは、W杯にコンスタントに出るという事(次回は出れるか誰にも分かりません)。

そして、決勝トーナメントにあがれる絶対的な(脆弱でない)実力をつけてもらいたい。

環境やその他の状況に左右されない、「強い」チームになってもらいたいです。

最後に、昨日見たアズーリ(イタリア代表)のサッカー、素晴らしかった。

あのディフェンスはなかなか破れないでしょう。

そして、今後、私は当初の予定通り、

アズーリ(イタリア代表)、セレソン(ブラジル代表)を応援しますし、

イングランド代表、メキシコ代表にも注目してみていく事とします。

非国民とかそういう問題ではなく、これらのサッカーが美しいと感じるから見るだけです。

(ただし、イングランドに関しては、今回どこまでいけるか興味があるからです。)

みなさんも今後日本は出ないので、世界トップクラスのサッカーを堪能してみてください。

また、それを我々が見て、感じ取って、サポーターのレベルが上がれば、サッカーに対するニーズも上がり、さらにJリーグはよくなるでしょうし、代表もよくなると楽観主義的に思っています。

| | コメント (1713) | トラックバック (449)

2006年6月 9日 (金)

FIFA World Cup 2006

今日、W杯が開幕します。

ちまたでは日本が予選突破できるか、また、その可能性についてなど、色々話題になっているようですが、正直くだらない。

特にとある解説者。

解説者はサッカーならサッカーを分析し、解説するのが仕事なのに、事実を冷静に分析することなく、希望的観測で物事を語っている。

そんな事なら、サッカー知らない人だって出来ることなのに。

もし、この場で私が日本代表は決勝トーナメントに進むことが出来る、と書いて、本当に進めるのであれば、公式に発言してもいいのですが、そんなことはありえないので、試合が進むに連れて徐々にコメントをアップしようと思います。

アメリカではMarch Madnessという言葉がありますが、まさにJune Madness。

この一ヶ月間、私は家に帰らない事も考えています。

素晴らしい大会になる事を望んで・・・

| | コメント (1335) | トラックバック (190)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »